セキネ 外履き加工について

   おしゃれで履きやすいダンスシューズを、外履きに!とおっしゃる方に!

セキネのダンスシューズは、数は限られますが、外履き加工が出来るものもあります。
ダンスシューズは履きやすいので、ダンス以外にも普段の外出用に履かれたいとか
あるいはパーティー・結婚式用のシューズになさりたいとかの場合にお勧めです。

━━━━━━━━━━━━━━━
(製作可能シューズについて)

スタンダード(革)ならサティーベージュとサティーシルバーとライトパールを除いて、
外履き加工が可能です。
サテンはスタンダードの2種類が加工できます。
ウエディングシューズにお勧めの白サテン

タンゴシューズも外履きに出来ます。

ラテンやティーチャーズ・3cmの太いローヒールシューズは外履き加工は
出来ません。
(細い3cmヒールなら可能です。)

━━━━━━━━━━━━━━━

料金は通常のシューズ代金に加工代が¥1500(税別)プラスです。

この外履き加工の代金は各メーカーによって異なります。
例えば、ケントは¥4000(税別)です。

ケントの場合は大抵のシューズが外履きにすることができます。
以下は参考にケントシューズの外履き加工にしたものを掲載しています。


セキネダンスシューズ(女性用)の目次に戻る





参考:ケント↓

外履き加工品と通常シューズの比較



下のサテンシューズ(MO−15 ラウンドジャガード)は白を掲載しましたが、もちろん染色することもできます。
外履きには一般には、革のシューズがお勧めです。
雨天のことも考えますと・・・。

サテンは染色が自由にでき、ドレスに合わせた色を楽しむこともできるというメリットがあります。

ケントはパンプス型のスタンダード(モダン)シューズだけでなく、ラテンや
ティーチャーズシューズも外履き加工ができます。


外履き 通常の室内用
外履きのダンスシューズ 通常のダンスシューズの底面

※黒い方(外履き)なら、小石の上でも多少の水滴の上でも平気ですが
茶色い方(室内用)だと柔らかいですので小石などは底にめりこみます。

↓その他の画像

正面&側面から 斜め下から

※製作には2週間〜4週間かかります。
※オーダー品扱いとなります。



ケントの目次に移動




セキネダンスシューズ(女性用)目次

商品につきまして、ご質問等がございましたら、お問い合わせ下さい。  
女性用ダンスシューズの目次に戻る

ダンスシューズRISの表紙に戻る

   




スポンサード リンク