ケント 外履き加工と通常シューズの比較

ダンスシューズはおしゃれで履きやすいので、外履きに!お勧めです。



ケントシューズ(レディース)は大体のものが外履き加工にできます。

セキネシューズは数が限られます。(出来ないものの方が多いです。)
外履き加工にするにはオプション料金が¥4000(税別)かかります。

下のサテンシューズ(MO−15 ラウンドジャガード)は販売終了。外履き加工の参考画像です。

雨天のことも考えますと・・・外履きには一般には、革のシューズがお勧めです。

パンプス型だけでなく、ラテンやティーチャーズシューズも外履き加工ができます。



外履き 通常の室内用

※黒い方(外履き)なら、小石の上でも多少の水滴の上でも平気ですが
茶色い方(室内用)だと柔らかいですので小石などは底にめりこみます。

※こちらのシューズは廃盤商品です。外履き加工の説明の為、画像を使用しています。

↓その他の画像

正面&側面から 斜め下から

※製作には4週間以上かかります。
※オーダー品扱いとなります。


その他、ローヤルゴールドチュール(参考画像)はこちら!






商品につきまして、ご質問等がございましたら、お問い合わせ下さい。
 
ケントダンスシューズの目次に戻る

ダンスシューズRISの表紙に戻る

   


スポンサード リンク