ケント社のスクエアトゥ スタンダードダンスシューズ〜女性用ベーシックモダン〜

ダンスシューズRISの表紙に戻る
ケント スタンダード ベーシック ダンスシューズ 
モダンシューズ 7 フレンチ
女性用ダンスシューズ目次
ご注文方法のご案内返品について

セキネレディスシューズはこちらです

ダンスシューズとしては画期的なスクエアトゥのシューズです。
素材は、サテンのみです。

幅は
レギュラー・Wワイドの2種よりお選び下さい。
 ヒールは7cm・5.5cmです。

サイズの小さいもの・大きいもの・4E
オーダー品です。
ケント独自開発のアーチ
既製サイズ・・・21.5〜24.5cm    20.5、21と25〜26.0cmまでオーダー可能

スクエアトゥ(四角いつま先)ですので、指先が圧迫されにくいシューズです。
親指が人差し指よりも長い方などには、特にお勧めのシューズです。

社交ダンス スタンダードシューズ ケント フレンチ

スタンダードダンスシューズ スクエアトゥ(四角いつま先) フレンチ

KE−FR−S1(7cmヒール)

商品番号 
LSH-KNT-mst-FRENT 



美しい光沢と耐久性に優れたサテンを使用しています。
サテンは染色可能です。

【既成サイズ】21.5〜24.5cm 【オーダーサイズ】20.5、21cm、25〜26cm
【既成幅】レギュラー・ワイド 【オーダー幅】4E
【ヒール】5.5・7cm
ヒールキャップのページはこちら!

ラインストーン加工が出来ます染色可能です

拡大

フレンチの幅は、ニューウエーブポイントの中間くらいです。 (細めの幅のシューズです。)
足幅の狭くほっそりした足で、親指の長い方には最適です。

全体的に幅が広く、足指が楽なシューズはラウンドまたはウエーブラムです。

なお、こちら(フレンチ)のワイド幅は普通のダンスシューズのレギュラー幅より少し広いくらいですので
一般的な足幅の方は、レギュラー幅よりワイド幅をお勧めします。


外履き加工について

ダンスシューズはおしゃれで履きやすいので、外履きに!とおっしゃる方にはお勧めです。
外履き加工について


こちらの商品はお好きな色に染められます。(染色代 税別¥1000)

染色ご希望の方は色をお選びの上、カートにてお申し込みください。

代表的な色以外はカートの備考欄にご記入ください。

染色について問い合わせる

美しい光沢と耐久性に優れたサテンを使用しています。サテンは染色可能です。 (染色料¥1000 税別)
色見本はこちら

染色可能です

※スタンダードはナチュラルベージュ(モダンベージュとも言います)をお勧めしております。
サンタンベージュはかなり濃い目の赤茶系のベージュです。

※画像と実物は微妙に色合いが違う場合がございます。
もしどうしてもこの色というご指定がございますときは、その色の紙や布などを弊店までお送り下さいませ。


※濃い色に染めますと、汗や摩擦などにより色落ちをする場合がございます。
また、いったん乾いていても染色部分が濡れますと色落ちしたりシミになったりすることもございます。




こちらの商品はラインストーンで装飾が可能です。(ストーン1個につき約\30)

ラインストーン加工は、¥3000+税〜 承ります。
ラインストーン加工をご希望の方は数量をお選びの上、カートにてお申し込みください。

唐草模様だけでなしに、たとえば「直線的な幾何学模様」なども可能です。 イメージをお知らせください。

クリスタル・オーロラまたは、赤など色つきのストーンでも加工ができます。 サテンをたとえばピンクに染めて、上に赤や緑のストーンをつけることも出来ます。

サイズ20か30の一般的な大きさのラインストーンを使用します。 なお、ラインストーンはサテンだけにしか加工ができません。革に貼ると伸縮しますので 取れてしまいます。ご了承下さいませ。

商品番号KST100(ラインストーン100個)  ¥3000 (税抜)

こちらは、ラインストーン100個加工。
右の画像はイメージです。お好みのデザインで加工出来ます。

拡大画像はこちら
不明な点はお気軽にお問い合わせください。
サテンシューズのラインストーン加工

商品番号KST200(ラインストーン200個)  ¥6000 (税抜)

こちらは、ラインストーン200個加工。
右の画像はイメージです。お好みのデザインで加工出来ます。

拡大画像はこちら
サテンシューズのラインストーン加工

商品番号KST300(ラインストーン300個)  ¥9000 (税抜)

こちらは、ラインストーン300個加工。
右の画像はイメージです。お好みのデザインで加工出来ます。

拡大画像はこちら
サテンシューズのラインストーン加工

ニューウエーブとフレンチの差 (同じ22.5cm 7cmヒールを撮影しています。↓)

左:ニューウエーブ(ピンクベージュ革) 右:フレンチ(白サテン)

スタンダードダンスシューズの幅比較2

フレンチは白いサテンシューズのため、少し暗くして写してあります。

ニューウエーブも細目の作りなのですが、フレンチはそれより横幅はありません。
つま先あたりは、ニューウエーブより広いですが、親指の付け根辺りはかなり細くなります。


ウエーブラムと、ニューウエーブと、フレンチの差
(同じ22.5cm 7cmヒールを撮影しています。↓)

左:ウエーブラム(ライトオーク)  中:ニューウエーブ   右:フレンチ

スタンダードダンスシューズの幅比較3

フレンチは白いサテンシューズのため、少し暗くして写してあります。

左に「ケントの中では」巾が広いといわれるウエーブラムを載せました。
(ウエーブラムはラウンドとほとんど同じで、「底面の画像」の左側「広い」に位置するシューズです。)

「ケントの中では」とあえて書いたのは、他メーカーと比較してこのウエーブラムは
それほど幅広ではないからです。左のウエーブラムが世間の「一般的な巾」と考えてよいと思います。

ですから、フレンチは相当、巾が狭いシューズということになります。

フレンチよりも、もっと幅の狭いシューズは「ポイント」です。
「ポイント」はレギュラー幅以下のスリム巾にはできませんが、
「プロフィット」でしたらスリム巾もあります。
「プロフィット」のスリム巾になるとかなり巾が狭くなります。

甲が低く、足幅も狭く、肉付きの薄い方は、「ポイント」「プロフィットのスリム」「フレンチ」をお勧めします。

拡大


 参考:代表的ケントシューズの底面の形状の違い 

スタンダードダンスシューズの幅比較

注:「広い」とか「細い」というのはケントシューズの中でのことで、
左のラウンドが世間的には一般的な巾のシューズです。
⇒詳細

拡大

ケント社 スタンダードシューズ一覧  画像から各商品へジャンプします
ケント スタンダードシューズ ウェーブラム ケント スタンダードシューズ ウェーブケント スタンダードシューズ ローヤル ケント スタンダードシューズ プロフィット ケント スタンダードシューズ ラウンド ケント スタンダードシューズ ポイント ケント スタンダードシューズ フレンチ


モダンシューズ6(プロフィット)

ラテンシューズ1(キャロン)へ


商品につきまして、ご質問等がございましたら、お問い合わせ下さい。
 

 
ケントダンスシューズの目次に戻る

ダンスシューズRISの表紙に戻る

   

スポンサード リンク