ダンスシューズRISの表紙に戻る
競技選手も多く愛用する ケント社のダンスシューズ〜女性用〜
ケント ラテン ベーシック ダンスシューズ LB
kent Ladies Dance Shoes
女性用ダンスシューズ目次
ご注文方法のご案内返品について

キャロン・ルーナ・ガゼルの大まかな違い

すごく大まかに書きますと、

●初心者の方には「キャロン」  ●上級者の方で幅広の方は「ガゼル」・幅の狭い方は「ルーナ」

をお勧めします。

詳細は下記をご覧下さいませ。

シューズ使用感を交えての違いのご説明 (一般的に・・・のお話) 

安定している順に書くと
キャロン⇒ルーナ⇒ガゼルになります。
ですから初心者の方には、大抵はキャロンをお勧めしています。

こう書くとキャロンが1番すぐれているように思えますが、見方を変えると評価も変わります。

つまり、上級者になってきて、もっとフレキシブルな踊りがしたいということになると
ガゼル⇒ルーナ⇒キャロンとなります。

ただ、最初に「一般的に」とお断りしているように、初心者であってもルーナがぴったりの
方もおいでです。
(ただし、8cmヒールを履きこなせる脚力のある方というのが前提条件です。
普段、ローヒールに慣れている方が、いきなりラテンの8cmは高すぎます。)

幅の狭い順に書くと、
ルーナ⇒ガゼル⇒キャロンです。

例えば、甲が薄く、よりぴたっと足に付くようなシューズを・・・とお探しの方はルーナがお勧めです。
私RISも、ルーナを履きましたが、足裏にピタッと吸い付いてくるようなシューズと足との一体感は
他のメーカーのシューズにはないものだと思いました。
(私は甲が薄いので、足が前に行きやすくそれが悩みです。ルーナのしなやかなフィット感は快適です。)

ガゼルは、ルーナよりやや幅が広い方向きなのですが、ちょうど土踏まずの辺りの横幅を
ルーナと比較しますと、ガゼルの方がかえって狭いほどです。
幅が広いと言うのは土踏まずより前の足の部分と、踵のことです。

土踏まずのあたりが細いというのは、見た目ではそれほど分からなくても履いてみると
ソールの柔らかさがまず違ってきます。
ケントシューズは、他メーカーよりラテンのソールは非常に柔らかく、素足感覚ともいえるくらいです。
その中で、ガゼルは一段と柔らかく感じるのです。

つまり、ルーナよりガゼルの方が柔らかく、特に甲の(左右の)自由な動きが欲しい方に向いています。
ソールが柔らかいというだけでなくガゼルの方は、トゥが内側に振れていますので、インサイドに踏み込みやすく
力強い踊りがお好きな方にはお勧めのシューズです。

ルーナとガゼルはソール部分だけをみれば同じ柔らかさですが、そのデザイン(例えばトゥの位置や幅など)から
要求される踊りに応じて選ばれた方がよいのです。

実のところ、私RISはガゼルを履きこなすだけの能力はありません。
自由な分、どうもぐらついてしまいます。
もっとうまくなったら、履きこなしてみたいとは思っています。でも、その時はガゼルの普通幅ではなく
スリム幅をオーダーするつもりです。幅の狭いオーダーはこちら

ルーナのレギュラー幅ですとちょうどよいのです。
キャロンやガゼルは緩いという訳ではないのですが、あの、ルーナの吸い付くようなフィット感までは
行かないのです。
ルーナのバランスはよいので、8cmを履いている感じがしません。
・・・ということは、やっぱり私は、ルーナがあっているんでしょうね。

注)ガゼルがお好きで、「もうこれでなきゃ!」というお声もよく聞きますので、ガゼルの購入を
考えられている方、ご安心くださいね!
肉の薄い、私RISの足には合わないというだけです。
メールをよく頂きますが、ケントシューズのファンの方って多いですよ(^^)

靴底の違い:
●ルーナはトゥがストレートに近く、バレエシューズのように縦ラインの使いやすいシューズです。
●ガゼルはトゥが内側に入っていて、インサイドが使いやすいシューズです。

ルーナ 
ガゼル 



キャロンもガゼルもルーナも、バケット型のクロスストラップでしたら、上から見た形は大体似ています。
ですから、改めて写真の比較を載せませんが、一応前のページで使用したものを再掲します。

キャロンクロス 
オークパール(革)
ガゼル 
ハバナサテン



ガゼル8cmに戻る
ルーナ8cmに戻る
キャロン7cm・5.5cmに戻る

商品につきまして、ご質問等がございましたら、お問い合わせ下さい。

ケントダンスシューズの目次に戻る

ダンスシューズRISの表紙に戻る

   

スポンサード リンク