ダンス初心者の方に

社交ダンスを習い始めるには、まず「ダンスシューズ」が必要です。

「最初は上手くないのだから、靴にはこだわらず、普通の靴でもいいのでは?」と おっしゃるお客様もおいでになります。

ですが、「運動」としてダンスをするためには、足元をきちんとさせることが 怪我の防止につながります。

ですから、むしろ、初心者の方にこそ、ダンスシューズは大切でしょう。

ダンスシューズと普通の靴の大きな違いは、ダンスシューズは「本底が スエードのような革でできていいること」です。


(女性用シューズ一例)

これにより、踊っていて「適度に滑り、適度に止まる」ようになっています。

もし底が、運動靴のようにゴム底ですと、ゴムがストッパーとなりますから ターンをしたときに足首がよじれやすくなります。
(上体が回っていて、靴だけがキュッと止まれば、足に負担がかかります。)

ジャズダンスのように、一瞬の強い動きでぱっとステップを踏みかえる場合は ゴム底でもいいかもしれませんが、社交ダンスでは滑らかな動きもありますから ゴム底はお勧めしかねます。

また普通の靴のように底が滑らかな合成樹脂製ですと、すべって転び易くなります。
つるっとしている本底は、ターンはしやすいでしょうが、ターンした後にきちんと 止まるのが難しいと思われます。

では、どんなダンスシューズが初心者の方に向いているか、大まかに申し上げれば それは「社交ダンスシューズ」のうちの分類の1つ、「兼用シューズ」です。

兼用シューズとはチャチャチャのような激しいラテンでも、ワルツのようなゆったりとし スタンダード(モダン)でも踊れる「ラテン・モダン兼用」のダンスシューズのことです。

お教室で本格的に習う場合は、最初から「スタンダード」と「ラテン」の1足ずつが 必要になる場合がありますが、ご趣味でサークル等習い始められる場合は、1回の レッスンで色々な踊りをする場合があります。
そのような時は、いちいち履きかえませんので、オールマイティーな兼用シューズが よいのです。

素材は男性でしたらエナメルより、黒革兼用ダンスシューズをお勧めします。
(兼用シューズでも素材が黒革とエナメルがあります。その「黒革」の方です。)



何故ならエナメルですと、靴同士の内側が擦れた時に、両足がピタッとくっついて 転んでしまう事があり、初心者の方には扱いが難しいと思われるからです。

(履く前に、「エナメルくっつき防止スプレー」をかければ、ある程度防げます。)


女性の場合は、サテンより革のほうが足に馴染みやすいので、競技に出ない 初心者の方には革のダンスシューズがお勧めです。

また、女性に限っては、兼用シューズのほかに、スタンダード(モダン)シューズを お勧めする場合がございます。


(要はご本人の履き心地の問題で、ご年配の方など安定感を重要視される方は、
兼用シューズより、一般的パンプス型のモダンシューズを好まれる場合もございます。)


詳しくは、男女別の初心者の方用ページをご覧下さいませ。

男性の初心者の方に
女性の初心者の方に

初心者用ダンスウェアの説明もそのページにございます。


ダンスシューズRISの表紙に戻る