ダンスシューズRIS
ダンスシューズの分類

ダンスシューズは一般的にはスタンダード・ラテン・兼用シューズに分けられますが、
このサイトでは女性用では更にローヒール・ティーチャーズ・外反母趾を追加しました。

男性用では、スタンダード・ラテン・兼用シューズに加え、素材の点からメッシュ・パンチ、
カラー、デザイン・機能の点から特殊機能の3つを分類に追加しました。

兼用シューズとはラテンでもスタンダード(モダン)でも両方使える便利なシューズです。

ラテン専門のかたには無論ラテンシューズ、スタンダードならスタンダードシューズをお勧め
しますが、サークルさんやパーティー会場などで、履き替えずにどちらも踊りたいという方には
特にお勧めです。


女性の分類 男性の分類

1:ラテン ダンスシューズ

2:スタンダード ダンスシューズ

3:兼用(パーティー)ダンスシューズ

4:ローヒール ダンスシューズ

5:ティーチャーズ ダンスシューズ

6:外反母趾 ダンスシューズ



1:ラテン ダンスシューズ

2:スタンダード ダンスシューズ

3:兼用ダンスシューズ

4:メッシュ・パンチ ダンスシューズ

5:カラー ダンスシューズ

6:特殊機能 ダンスシューズ



最初のダンスシューズの選択について

 女性編
最近の人気はラテン・モダン(スタンダード)ダンスの両方が気軽に踊れる
兼用ダンスシューズです。

でも、しっかり踊りこみたいという方にはやはり用途別のダンスシューズをお勧めします。

また、最初の1足はスタンダードダンスシューズの無難なお色を選ばれる方が多いです。
そういう方へのお勧め品は、シルバーグレーのシューズですが、これもお好み次第。

美しいダンスシューズは踊りの楽しさを増します。
ですから個人的には、最初から華やかなシューズでもいいと思います。

RISオリジナル社交ダンスシューズは、基本的にはスタンダードシューズですが、
ベルトがありますので、激しい動きにも対応できます。

ですからラテンを踊るパーティーでも履けます。
色も16色からオーダー可能です。
(by 店長)


 男性編
女性のダンスシューズ同様、人気は兼用ダンスシューズです。
とくに黒革の兼用ダンスシューズはソフトで軽くて履きやすい!と評判です。

こちらのシューズはヒールの高さも規格の2.5cmヒール以外に、3.5cm・4.5cmと
オーダーできますし、巾もレギュラー・ワイド以外に3E・4Eとオーダーできます。

男性用のダンスシューズは黒だけでバリエーションがないように思われていますが、
オーダーでカラーダンスシューズ(例えば白など)も作れますし、特殊な機能(例えば
姿勢矯正など)をもつダンスシューズもあります。(by 店長)


ダンスシューズRISの表紙に戻る



スポンサード リンク