初めてダンスをなさる方へ(男性の方へ)


ダンスには何が必要なの?

「今度ダンスを始めるんだけど、とりあえず何買ったらいいの?」とお尋ねになるお客様が
沢山おいでになります。

お答えはまず、「ダンスシューズ」です。

ウエアはとりあえず普段着でも踊れますが、靴ばかりはダンス用でないとNGです。

・・・ただ、ウエアが普段着というのも、程度によります。丸っきりの普段着ではやはり・・・。
詳しくはこのページの1番下の「どんなダンスウエアを着たらいいの?」(←クリック!)をご覧下さい。



ダンスシューズと普通の靴とは違うの?

ダンス用のシューズは、普段皆様がお履きになっている外履き用の靴と違い、
底が柔らかい革になっています。(スエードを連想して下さいませ。)
ですから、
フロアに優しいだけでなく、滑りにくいですので、確実なステップが踏めます。

外履き用の靴は路上の石や水たまりを踏んでも問題はありませんが
ダンスシューズはそうはいきません。

まず、石がシューズに付着し、それで踊るとフロアを傷めます。
次に水の場合は、靴底が水を吸い、1回でシューズがだめになります。



どんなダンスシューズを買ったらいいの?

どんな種目を習われるのか、(例えばワルツなのか、ルンバなのか、一応何でも・・・なのか)に
よって選ぶシューズは違ってきます。

というのは
ワルツなどモダンの種目は甲革が固く足を擦るような動きに適したシューズを履きます。
ルンバなどラテンの種目は甲革が柔らかく激しい脚の動きに適したシューズを履きます。



オールマイティーシューズのお勧め


ここまでお読みになり、「あれ?自分はどれを習うのかな?難しくてよく分からない・・・」と
思われた方は下のシューズ
をお勧めいたします。


  セキネ 兼用タイプ  黒革

  
商品番号 MSH-SEK-kenkw-625  
  (レギュラー幅)(ワイド幅) 

 ⇒兼用タイプMSH-SEK-kenkw-625 黒革に移動



これでしたら、モダンでもラテンでも対応しますし、非常にオーソドックスなシューズで万人向けです。

シューズを履きかえるのがご面倒でなければモダン・ラテンのそれぞれ2足をお勧めしますが、
大体の方は上記の兼用シューズをお求めになります。

こちらは形はどちらかというとモダンシューズに近いのですが、革が柔らかくラテンの自由な動きにも
フィットします。

ダンスを何年もなさっている上級者の方も「やはり長年履いたこれが1番!」とおっしゃいますし、
もちろん初心者の方にも安心してお勧めできるシューズです。



どのくらいのサイズを買ったらいいの?

基本的には、普段お履きのシューズとほぼ同じでかまいませんが、
ダンスシューズは比較的ぴったり目
です。
(最初からゆとりのありすぎるものを買ってしまうと、若干伸びますので足が中で泳いでしまいます。)

フィットしているかどうかを見るには、片足ずつ軽く曲げ、指がシューズに当たってきつくないかで判断します。
これで痛いならそのシューズはアウトです。感覚はお客様によってまちまちですが、先端には若干の
ゆとりがあり、あとはぴたっとフィットしているというのが1番いいようです。

尚、
お試し履きに適している時間は午後2時前後です。足の形が小さからず、大きからず1番自然な状態です。



ダンスにはどんなウエアを着たらいいの?


初心者の方にお勧めなのは、黒のツータックアジャスターパンツ(スラックス)です。

ズボンなんか何を履いても同じ・・・というのは、少々違います。
まず、基本の色は黒です。
上級者の方は、カラーパンツを履かれる方もおいでですが、最初は黒をお勧めいたします。

黒のパンツを1本持っていらっしゃるだけでお洒落の幅が広がります。
急なパーティーがあっても、あとは、レオタードシャツかシャツ(Tシャツも可)を上に着られれば、それらしくなります。

形はサイズが合わせやすいアジャスター式(ベルトの部分が前後6cm動くもの)が人気があります。
体形のよい方は、タックなしのパンツの方がスマートに見えるということで、ノータックを選ばれる場合もありますが
大体の方は着易さ重視の「ツータック」を好まれます。


お勧めの商品は下記のものです。



  セキネ ツータックアジャスターパンツ

  
  商品番号 MWE-SEK-pa-MP101A 

  レッスン用だけでなく、パーティーの時にも活躍します。
  競技会にもOKです。
  最初の競技会には、これに白シャツ・黒ベストを着れば大丈夫です。

  ⇒セキネ スラックスのページに移動



この黒のスラックスに、お手持ちのお洒落なシャツをお召しになれば、とりあえずレッスンウェアの出来上がりです。







その他、どんな準備をしたらいいの?


いきなり初めてのところでレッスンはドキドキしてしまうかもしれません。

サークルさんにせよ、お教室にせよ、大体のところは見学はOKですから、まず1回くらいは
通われるところをのぞいてみましょう。
・・・そうすると、大体は、「見ていないで一緒に踊りましょう」と誘われるのですが、初回は踊らず
ほんの10分くらい周りの雰囲気だけを見に行かれるとよいと思います。

踊りに注目してしまうと、「こんな難しいこと、私にはできない・・・」
(注)となってしまうので、みる所は、
周りの方々の表情(お顔)です。
楽しそうに、それでいて真剣に踊られているところならきっと今後も通いやすいところでしょう。

   注)まだ何も習っていないのですから、踊りが難しく見えるのは当然の事です。

それで、「前もってビデオで勉強なさりたい」という方もおいでですが、踊りのテクニック自体は
最初は、その通われるところの先生に直に教わった方がいいのです。
(白紙の方が、変なクセをつけてしまうよりも新しいことを吸収しやすいため)

でも、もしその前段階での体の使い方リズムの取り方などの「一般的な予習」をされるには
下のビデオがお勧めです。
ステップ(足の使い方)などより以前の、踊るための基本から解説されているビデオです。

とくに社交ダンスには姿勢は大事です(^^)
かなり上手な方でもあとで姿勢矯正器具などをお求めになったりしますので、最初のうちに
姿勢に気をつけることは大切だと思います。


男性用ダンスシューズの目次
商品につきまして、ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 お問合わせフォーム

TEL:045−567−4680


スポンサード リンク